読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイドルのライブを見に行ったら声優の夢女になって帰ってきた

「それが智くんとわたしのeternalだから」

オタク3人で大衆浴場の露天風呂に入り、夢女は言った。24時間前までは「前野智昭は3rdのビジュアルが最高」と言って憚らなかったオタクである。それがカラオケでGReeeeNのキセキを歌い「わたしと前野智昭の出会いが奇跡」などと宣うようになってしまった。ちなみに同行した連れは片や鈴木達央の顎肉すら褒めるガチ恋マンになり、片や蒼井翔太の生活を心配して手紙をしたためる母親となった。地獄ここに極まれり

ことの始まりは3月12日、QUARTET NIGHT LIVE EVOLUTION2017。東京国際フォーラムという狭すぎるキャパに大きすぎる需要、CDを軽く2桁積んだ程度では現場の切符は手に入らない恐ろしい競争率のライブ。まんまとライブビューイングでチケットを取りました。なお物販とかは無かった。いいか、物販なんて無かったんだよ

内容についてはおおむね覚えていない。ただクソ狭い箱でQUARTET NIGHTの4人は最高に程があるパフォーマンスをノンストップでぶちかまし続けた。キャストと解釈が合いすぎて、うたプリというジャンルに感じていたしんどさが何一つ生まれなかったことに感動した。オタクが「こうだったらいいのにな~」とそこまで期待せずに思っていたような要素の、何倍もの最高を打ち出してきたのである。セットリストも正直まともに覚えていない。しかし森久保祥太郎が「カルテットナイトで良かった」と言ったとき、オタクもまた「カルテットナイトがこの4人で良かった」と思った。これだけは確かである。


今回のライブでしみじみ実感した事実がある。わたしはものすごくカルテットナイトというユニットを気に入っていて、その気に入っているカルナイというのは寿嶺二、黒崎蘭丸、美風藍、カミュ様のカルナイではなく、森久保祥太郎鈴木達央蒼井翔太前野智昭のカルナイだということだ。二次元(便宜上こう表現させてほしい)の顔が大好きなわたしが、モニターに現れる寿たちよりも、ステージにいる森久保たちを見てしまう。こんなのは初めての経験だし納得しようと思うと本当に声優のおじさんが好きなんだとしか考えられない、もちろん寿たちカルナイも大好きなんだけども、それ以上に森久保たちカルナイ特に前野智昭が本当に好きなのである。カミュ様と呼び前野智昭を見ています。今回に関してはまともに名前コールも出来なかった気がする、寿嶺二に対して推しじゃなくても「嶺二ーーー!!!!」って叫んでしまうのは雌ゴリラの性だから暖かい気持ちで餌を与えてください。
あとシャイニング事務所を追いかけて5年目のオタクなので、どうしてもST☆RISHと比べてしまうことを許してほしい。彼らではこうはいかない。少なくともわたしは。画面に映る聖川真斗に歓声を上げられても、ステージに立つ鈴村健一に恋は出来ない。

 

今回のライブを終えて、オタク共で余韻に浸りながら、何度か「カルナイは奇跡」と言った。ライブが終わって10日が経った今でも心からそう思う。カルテットナイトがこの4人で良かった、何度でも大声で叫びたい。叶うなら「カルナイは奇跡」というステッカーを作り近所の家のドアに貼って回りたい。犯罪ですので許可を得ていない一般の方は真似しないでください。

理系なので良かったところを思い出しながら淡々と書きます。

 


森久保祥太郎、こんなに寿嶺二な人間がこの世に存在しているのが不思議になるレベルで寿嶺二。最年長でまとめ役、フォローが自然で上手くて、でも決して常に引っ張っていくタイプではないような、そういうところに寿を感じる。周りのやる気スイッチをぽんぽんぽんっと押して、みんなが「行くぞ!」って気持ちになってるのを半歩だけ下がって見て、うんうんって頷いてついていく、包容力とも少し違う、いっそ支配者じみた保護者の寿嶺二が、当たり前のように、我々の見ていないところまで(例:カルナイLINE)徹底されているのがもはや恐ろしい。
おちゃらけているのに真面目で、〆るとこは〆ていく、その線引きが異常に上手いんだけども、もう本当に感謝しかない、上手に言葉で褒められない。すごい。すごいぞ森久保祥太郎
このライブで本当にずるいなって思ったのが最後に「帰りたくない(ニュアンス)」と言ってセットの階段に転がっていた時。彼はこの我儘を、絶対に叶わない我儘として発言していた。鈴木達央の「終わりたくねえな」はもし出来るならマジで終わらせないレベルの本気なのだが、彼の「帰りたくない」は「帰らなければいけない」をしっかり理解した上での我儘なのだ。叶わない我儘を笑って言うあたりに、寿嶺二の闇と同じものを感じた。ちなみに同様のことを宮野真守もよく言うが、闇の度合いが違うので略(この場合、谷山紀章の「もう一回やるか!」と寺島拓篤の「またやろうね」は達央と同じく本気の発言)。
最後のコメント、カルナイのCD売り上げについて、ものすごく言葉を選んでくれたのが本当にオタクの心に来た。もっとあからさまな言い方をすることは出来たと思うし、スタリだったら多分やってた。それでもああして言葉を選んでくれたのは、ひとえにうたプリ全体のことを想ってのことだったんだろうな。他のメンバーも同じ気持ちではあったと思うけど、それを森久保がああやって言ってくれたことで説得力がすごい。同じ内容でも、言葉の選び方、何よりそれを言っている人によって全然違う受け取り方になる気がする。そしてそういう発言をするのに、森久保祥太郎は適しすぎている。専門職を名乗ってほしい。

 

鈴木達央も本当に黒崎蘭丸がすぎる。彼は人生がロックであり筋の通し方がオタクにとって非常に都合がいい。アニメや漫画の王道を生きているような男、達央見てると銀魂とか読んでる時の気分になる。
序盤のセトリは少なくとも彼のリベンジの為の構成だった。いやONLYONEずるいでしょ。あの前奏込みで音源欲しすぎるから。それを言い出したらエボイヴもポワキスもライブ音源売れっていう話になってくるから落ち着きたい。ちなみにわたしが一番音源で欲しいライブアレンジは今のところ5thのパイフロ。
黒崎蘭丸への姿勢とかあの最後のコメントについては数々のカルナイ箱オタクがしっかりとした日本語で解説してくれていると思うのであんまり言わないけど、それにしてもこの男はあまりにもいろんなものを背負いすぎではないだろうか?と思わざるをえなかった。声優なんだよお前は、なんで専門じゃないダンス出来なかっただけで、本来なら顔出してパフォする立場じゃないんだからライブ一回を最高に出来なかったからってそんな、そこまで引きずる必要ないんだよ。黒崎蘭丸のことも、黒崎蘭丸のファンのことも、カルナイとしての活動のことも全部を背負って、なんでもない顔で笑おうとしている鈴木達央という男のこと、応援しなくてどうする?
というか前々から鈴木達央についてはどうかしていると思っていたんですよ。ステージ上とかラジオでは先輩にもお構いなく無茶ぶりしたり破天荒なこと言ったりするくせに、楽屋というか収録後にはちゃんとフォローして気を遣って生きてるんですこの男は。好きにならないはずがないじゃないか……。
例えどれだけ女好きのヤ●チンでも、オタクが守ってほしいと思ってるラインはしっかり守るっていうかそこまで守らなくてもいいんだぞ!?みたいなところまで大事にしてくるからそれはもうライブビューイング含めた6万5千人を抱いたと言っても過言ではない。許す許す。しかし先日蒼井森久保両名がツイッターに投稿した写真については言及させてほしい、お前、お前そういうことばっかりしてると本当に刺されるからな!?

 

そう蒼井翔太、今回に関しては彼の心境を思うと本当に心苦しいところがある。カルコンで蒼井翔太を初見だった人にとっては良い意味でとんでもねえ化け物に見えたかもしれないが、プリライ3rd、4thを見てきたオタクからすれば悪い意味で蒼井翔太どうした!?」としか。
ファンの人には本当に申し訳ないのだがコンディションが最悪だった。パンフの写真写りにもそれは前兆として表れていたように思う。ソロもユニットもしっかり歌って踊る、しかしそれは蒼井翔太の最高のパフォーマンスではなかった。本人が一番感じていたようで、だから最後にあんな顔で「なんで1日しかないんだろう」などと言ったんだ、カルナイ箱のわたしですらグッとなったのだから、蒼井翔太の今までの輝かしいソロ活動を見守ってきたファンの人や、誰よりも間近で彼を見てきたメンバーはどんな気持ちだっただろうか!
ソロは終始つらそうな顔をしていたし、Innocentwindとか本当にキツかった。見てる方もマジでキツかった。歌も上手いから余計にしんどかった、100点なんだよ、蒼井翔太のパフォは100点なんだけどいつもだったら2万点出せるところなんだよ~~~!!となった。
しかしわたしは軽率かつ不謹慎なオタクだったのでソロで本当にしんどそうにしていた蒼井翔太がカルナイ4人曲になった途端に少しだけ表情を和らげるのを見て心から「やったぁ」と思うのであった。そういうのがオタクの為にするんじゃなくて完全に自然に生まれてきてるあたりがカルナイの素晴らしさをさらに浮彫にしますね。端々から感じるカルナイの奇跡に乾杯。


そして前野智昭。何から言葉にすればいいのかわかりません。記憶もないし。
突然ですがわたしは前野智昭が好きです、自担は別だけども3rdライブのシネライからカミュ様を推しに加えています。完璧パフォ大好きマンのわたしがリズム感なし音程来ない当時の前野智昭を好きになった理由はひとえに顔である。顔と手と足と声。それに尽きる。
つまりこれまでの3人と違って、わたしは前野智昭という声優のおじさんそのものへの好感度がすでにバカ高い状態でカルコンへ挑んだ。どのくらい高いのかというと、まぁ家に写真集があるくらい。それの感想もブログにまとめようと思ったけど声優の写真集を見た感想をブログにまとめるの非常に社会人としてひどいなと思ったのでやめました、まぁ社会不適合者ではあるんですけど。
そして前野智昭といえば(今までうたプリのライブイベントに参加した)うたプリ声優の中で唯一アーティスト活動を行っていない人物です。実際は過去にほんの一瞬だけやってたけど黒歴史なのであんまり突っ込むのはやめておこう。つまりまぁ、場数が圧倒的に少ないってことが言いたい。でも下野紘もアーティスト活動を始めたのはつい最近だから似たようなものかなぁ、ソロライブとかまだやってないだろうし。その点においては下野紘も本当にすごいなって思うんだけど、彼に関しては来栖翔を演るにおいてまず存在っていうアドバンテージがあるからね。ご本人が努力をまったくしていないとは言わないけど、ほぼほぼ来栖翔なんだもの。それに比べるとそりゃ、あの、だって……前野智昭って声優の中でも結構やばいくらいの自己卑下タイプ。自分の推しだという贔屓目を込みで語っている自覚はありますけど、それでも謙虚が服を着て歩いてるみたいな人物なんです。それがあのカミュ様ですよ?どんだけ頑張らないといけないのか想像するだけでもんのすごいことですよ。普通はある程度の妥協とか、するでしょ。

それをね~~~~~完璧にやってのけたんですよね~~~~~!!!!

前野智昭の存在そのものがわたしの性癖ストラックアウトを2枚ずつくらいのペースで打ち抜いていくのであんまり正常な判断は出来ていないんですけど、終わった後の評判の良さから「あれは贔屓目じゃなかったんだな」って認識出来るくらいに最高でした。最高だったみたいです。好き。
きっと他推しの人たちは主にダブフェで「声優:前野智昭の実力とプライドを目の当たりにしてやべーなって思ってくれたんだろうけども、実際のところ前野智昭オタクの記憶はその辺り真っ白です。何故ならOPムービーでリムジン乗って眼鏡かけて英字新聞読んでた時点でオタクの持ってるビンゴカードが全開放されてたからです。景品貰い放題でした。
初曲のカルナイの時、本当にどんなんだったか記憶がないのですが、月明かりのDEARESTで眼鏡をかけて出てきたことだけは覚えています。その事実を認識した瞬間、全身が強張り呼吸が出来なくなりました。身体が覚えてるってやつですね。あと何処かのソロのサビでターンしながら歌ったことも覚えてる、たぶん絶エモだったと思うけど本当に記憶が曖昧なので明日円盤出せ
ダンス、ユニットはそのまま追加があった程度なんですけどソロは既存曲も全然違ってて、わたしはアスピレとかフルコピしていたのでものすごく動揺しました。既存曲のダンスについては黒崎さんのブライトロードもサビが大幅に変更されてたので、やっぱりダンス未経験組のレベルがものすごく上がったってことなんでしょうね。
レベルあげて一生懸命練習したんだろうなぁ、お着換えタイムで流れてたメイキングの撮影現場でも練習してた前野智昭、本当にわたしに都合のいい妄想かと思った。あれが現実なんだったら朝起きて隣で寝てる前野智昭も現実にならない?なりませんか。はい。
記憶がないので何もまともに感想が言えないのですが、推しの記憶が残っていたら今自分がこうして生きているかどうかも怪しいので、人間の「生きねば」的な本能に助けられているんだと思います。最後のコメントがクソテンプレだったことはなんとなく覚えてます。ほかの3人がマジで心に来るようなことを言ってた中で、最後になんかお手本みたいな感謝の言葉を述べて終わってた。最初から言おうと思ってたのかな。いろんなとこで毎回聞いてる内容だった、でもそれもまたカミュ様だなって思った。だってカミュ様ってああいう場所でテンプレしか言わんじゃん。もしかしたらなんかもっと言いたいことあったのかもしれんけど、カミュ様じゃねえなって思って言うのやめたんかもしれんじゃん。本人がブログとかSNSやってないから真実はわからんけど、そのくらいポジティブに受け止める程度には前野智昭のこと好きです。

 

そして新曲発売を発表したのに歌わなかったなって今更ながら。いや、それはそれで一命を取りとめたんだけども。何故なら腐女子的なわたしのいわゆる自カプが嶺カミュだからです。エボイヴの「ふさわしい愛で~」のハートで普通に死ねるよ。スタメモは音源通りだったら本気で耐えられないと思ったけど寿が主メロ歌ってたから逆に無事でした。寿命を数か月ずつ伸ばしていくスタンス、いい加減に楽にしてほしい。

 

文章力も無いし他にたくさん感想書いてくれてる素晴らしいファンがいっぱいいると思うので、これを残しておくことに何の意味があるのかわかりません。とりあえずカルコンが本当に素晴らしいものだったなって思っている自分が、文字でも残ってたら嬉しい気持ちになるのではないかと思った。ただでさえ記憶はないけど、カルナイのことますます大好きになったし、尊いものだなって思いました。事後物販待ってるよ。受注でいいから、何年かかってもいいから欲しいもの全部買えるようにしてくれな。あとプリライの物販情報はやく出してください。おわり。