きっと今まで好きじゃなかったからそんなに悪口も言えなかった

 

その歌声を受け取るために、今だけは天使を名乗っていいですか?

 

HE★VENS 1stミニアルバム Anthem for the Angelの感想です。

これの下書きを作っているとき、別件で本当にいろんな感情でぐちゃぐちゃになっていたのですが、怒りのエネルギーは大体にして何か創作物へぶつけるのが良いということで、思ったよりも文章が書けました。なんてね。自分でハードルを上げるのはやめようね

ひとつ前の記事で曲名ぜんぶ書いたら割とだるかったので歌ってる人の名前で箇条書きにしています。曲によって文量に差があったりします。
面倒は完成までの足を遠のかせるから許して。

 


瑛一
王道ロック。正直意外だったけど音くんと対にしてると思えば納得。

「歌声と共にお前に会いに行くから」は個人的には一番嬉しい歌詞でした。

普段の言動は勿論必要なんですけど、アイドルには音源というか歌声、作曲してるなら曲、作詞してるなら歌詞に全部込められた作品を作ってほしいと常から思ってて。

曲をきいて一番好きな人をいつでも得られたら最高じゃないですか?

全てをこめられた音源があることで一番すきなアイドルにいつでも会えるのは本当に有り難いことだと心の底から思います。本当に。自担と音源の解釈を違えたら死ぬよ。音源の自担を信じられなくなったらおしまいだよ(泣)


あと本人のライナーノーツにもありますが、「聞こえるか?」「感じるか?」はこれでもかというほど優しい。

ファンや仲間がちゃんと後ろについてきているか確認してるのが生まれつきのリーダー気質から来るところなんだろなあ。

こういう発言があることから、瑛一はエンジェルを置いて自分だけどこかに行くことは無いんだろうなという安心を得られます。


常識外れなところもあるし空気は確かに読めないし、周りの求めているものや要らないものに対して鈍感なのかもしれないし。でも優しくて純粋な人なんだというのが真っ直ぐ伝わってきた一曲になってます。

変に気取ってないというか、何をやっても気取ってるようにとられてしまうからあえて真っ直ぐにしているのかもしれないなあというか。

この曲を瑛一の素直な気持ちとして大事にしていけたらずっと幸せでいられますよ。ソロの2曲目でこれを得られた担当の皆様におめでとうの気持ち。

 


綺羅くん
メルティにはトラウマがあるのでタイトルと試聴でちょっとビビってました。

正直BメロとかはほぼD。あんまりDの曲知らないので違ったらすみません……。

ライナーノーツに「軽いピアノがエンジェルと会えた時の心情を表す(意訳)」と書いてあって、それをふまえて曲を聴くと全編がご機嫌ピアノすぎて愛しさが振り切れます。めちゃくちゃ喜んでるじゃんカワイイ

 

Aメロの入りが「口下手なシャイなHeart」「たどたどしい言葉」なのも自分で口下手な自覚があって可愛いなと思います。

どちらかといえば自信家が多いヘブの中でちょっとコンプレックスというか「自分はこういうのが苦手で……」と思ってそうな部分があるのは正直ずるい。声も顔も家柄も良いのにね。青い男の宿命なんですか?

 

「春夏秋冬 夢の中でも 幸せにするから」は今回のアルバムで3本の指に入るキラーフレーズ。

アイドルとしてファンの心の中にどう存在するかって大事だと思うんですけど、いつでもどこでもプラスの感情をあげると言ってくれるアイドルにはすぐ満点あげちゃうぜ。

 

サビのコーレスは早くライブでやりたいです。やはりDなのでどこかミッチーみもありますが単純に楽しそう。

ちょっとだけややこしいけど曲聴くたびにエアでやってたら慣れるだろたぶん

 

最後のサビの裏で鳴ってるピアノが音ゲーになったらエグそうだなと思いつつ。

ヘブの曲を音ゲーで叩けるようになるなんて何年後の話なのか!?

 


ナギくん
イントロの歌詞カードに載ってない部分がなんて言ってるのか気になる……。

全体的にめちゃくちゃ名前を叫ばされる曲なのでちょっと飽きそうですが、実際に現場行ったら嬉々として叫んじゃうんだろうなと遠い目をしています。

あとこれも音ゲーが絶対にやばいやつだ。メタルはやばいってスクフェスで学んだんだよ俺は

 

Bメロは楽しい。音源の都合上仕方ないけど「キュートは僕はだぁれ?」と聞きながら自分で「ナギ!」って答えちゃうのちょっと面白いですね。いや仕方ないけど!

間奏とサビの裏で鳴っているギターの動きがさりげなくかっこよすぎて驚かされる。

1曲目2曲目と比べてあんまり得意楽器をフューチャーしていない方の曲でした。

実は入ってるのかもしれないけどポンコツ耳ではクラシックの音色が全然聞き取れない。

 

サビのコールの正解は正直よくわからない。

でも「遺伝子からキュン!」はすごい歌詞ですね。代永氏の歌い方もなかなかこう……クるものがある……(笑)少なくともこのワンフレーズで電波ソングらしさが一気に上がっている気がする。わたしが作詞家だったらこれが降ってきたときにガッツポーズしちゃってた。

間奏のFufu!がどんどんキモオタ発声になっていくのもじわじわきます。オタク達は頑張って可愛い声でコールしような!(たぶん無理)

 


瑛二くん
歌がめちゃくちゃに上手い。う~ん、歌が上手い……しみじみとしてしまう。

歌が上手いのはもちろんだが、音源でこんなに楽しそうに歌っているのが伝わるのも凄いと思った。

瑛二くんという存在自体が正直なところ内田弟へのあて書きだと個人的には思っていた、けど少し認識をあらためる必要があるかもしれない。これは瑛二くんです。

 

シンプルに歌詞が王道のラブソングなのもいい。いや、王道といって良いのかはわからんけど

全開のソロが弟全開というか、いい意味で発展途上の可能性に溢れた曲だったのに対して今回の曲は「彼氏力」が出ているというか。

でも「ひとりじめさせて」は年上のお姉さん向けにクリーンヒットでしょう。

様々な年齢層のガチ恋のみなさんの感想が見たい。

「呼んで求めて囁いて」等ちょいちょいドキっとする歌詞ありますが、これは『していること』なのか『してほしいこと』なのか……?受け取り方によって大きく印象を変える面白いフレーズだなと。

 

そして本人も言及している間奏のフェイクコーラス!歌うめえ~~~!!あとはもうライブで聴いて浴びたい。また音源で満足できない身体にされてしまうのを楽しみにしてます。

 


ヴァンくん
「ド・ストライクdeドッキュン バンビーナ!」!?こんなの歌えるアイドルいますか!?www

 

前々から思ってましたがビブラートの形がとても好みです。

上手く説明できませんが、下の方からぐわっとくる歌い方をされますね。好きですよ。

頭サビの「君だけのスーパーマンさ You know?」が好きなので最初の一回しかないのがちょっともったいない。寂しい。もっといっぱいサビがほしい。

 

ヴァン君の曲はいつも曲展開が独特だな~と思います。作曲上松なんだな。

歌詞と編曲は別の人なのでこのトンチキソングがどれだけ上松の効力なのかわかりませんが、アウトロが無いのは良いなと思います。

カラオケでも入れやすいですね(歌えるとは言っていない)

 

これもナギくんと同じく名前をたくさん叫ばされるわけですが、ナギくんが短い間隔で連打しているのに対してこっちは一発一発が重い気がします。

一拍タメてからのBANG!って感じ。弱連打と超必みたいな差ですね。

 

きちんと聴いているとまあまあR指定の歌詞なのにどこか健全な気がしてくるのは歌い方のせいもあるのかな?

「もうお家には帰れない」がじわじわきますね。「お家」ですから。育ちが良い。

「一生ラブ&ピース!」はギャル。異論は認めないぞ!俺はギャルが好きなんだ

 


日向弟
声が良すぎて脳が溶けました。ブチ上がるテンション。タオル回したくて仕方ない。

 

スタバスでもそうなんですけど、たぶんきむりょの英語の発音がメチャクチャ性癖に刺さってます。

冒頭のエビッバーデリッスンナップ?がもうダメ。upの前の子音と合体するタイプの発音にもともと弱い。自分チョロすぎるぞ……将来ぜったいに壺とか買ってしまうぞ。これは木村良平で発音する壺です。なんだそれ怖いな。ポルターガイストか?

 

「バリッバリ」「ギラッギラ」など歌い方じゃなく歌詞にもう「ッ」入れちゃうところずるい。

サビの最後「最高の」から「世界」でオク上に飛ぶメロディーラインもずるいあ~~~Cメロ!Cメロずるい!誰が勝てますか!?これはずるい曲です。

 

スタリがブンブン世界回せ!だったのに対して「銀河を回せ!」なのも頭悪そうでいいですね。小学生らしい対抗感があります。

バリア張ってきた相手に向けて『はいそれバリア解除~!』みたいなやつ。日向大和のことを小学生男士だと思ってるのが露呈してしまいましたがわたしは元気です。

 

これはちゃんとバイオリンが強くていいなあ、どうしてもトランペットのイメージだったけど一応こっちはバイオリンが得意楽器だったね。思い出させてくれてありがとうな……。

 


天草
イントロから大勝利楽曲なのが確定してしまい喜びで泣いた。

前回に引き続きフルートとデジタルサウンドの相性の良さを教えてくれますね。

フルート聴きながら縦ノリできるのは天草シオンくんの曲だけ!

 

7人の中でいちばん下書きに理性がないので今こうやって文章にするのに苦労しています。

 

Bメロ後半やサビ途中(まほろば周辺)のメロがいい。

なんとなく聴いててなんだ今の!?っていう引っかかりがある曲はやっぱり好きですよ。聞き流せてしまう曲って物足りなくて埋まってしまう気がしてるので。

もちろん王道の良さはあるけど、曲への興味がどれだけあるかで評価とか好感度って変わってくると思うし。とっかかりのある曲を歌えるかどうかも本人の技量があるわけですから、これはシンプルに褒めさせてほしい部分でした。

これだけを褒めるのにどんだけ言い訳するんですかね。バカは要約できないから話が長い

 

間奏のシンセがグアーって鳴ってくるのもテクノみとファンタジーっぽい圧力が同居してて、これはどちらかというと王道の展開なんだけどいいなと思いました。

逃れようのないワクワクみたいなのを生み出してくれる。

シンセがあがっていってサビ頭でパァン!ってなるやつオタクは絶対好き。ただただアガるわ

 

歌詞も今回のアルバム曲の中では総合評価1位で良いと思います。あくまで一個人の決めたランキングですが。「皆」と書いて「みな」と読むアイドルに弱い自覚はあります。

でも「涙腺を弾くような」は流石に誰が見ても天才ワードじゃないですか~?歌詞カード見て天才じゃん!って声出ちゃったもん。さすが曲名にポエム入ってるだけありますよ。

 

あとはもう歌い方がすこすこのすこでした!

天草のキャラクターもそうだし歌い方や音域ってまぁ自分の知ってる山下から遠いというか珍しいかなって思うのですけどやっぱ好きです。

「そなた」の「た」が強い発音であったり、「ただただ」の必死な声であったり。

「世界を照らした」が優しい声すぎます。これは世界照らしてますねとオタクもにっこり。
歌い終わりの声の処理も自分好みでサイコーでした、このへんの解釈をエレガと違えがちなのでこれは山下大輝と同解釈だったのかな?いつもお世話になってます。感謝。

 


総括。とても好きな盤です。
欲を言えば全員曲を一曲入れてくれていればパーフェクトだった!まぁそれは次のシングルで味わいましょうということで。

今日試聴が出ましたが期待出来る仕上がりの予感がすごい。

 

短期間に曲がこれだけ増えたので、ますますヘブの次のライブが楽しみになってきました。

VRでソロはまだ未開拓なのでヘブでやってみてもいいのでは?という気持ちと、今回の瑛二くんの曲のようなタイプだと生のキャストが必要なのかなあという気持ちと……なんにせよ今はスタリカルナイ含め現場が少なすぎる。

最終的には某あんスみたいにキャストのライブかVRないし2Dライブか選べるような時代が来てほしい。

 

 

そしてこの記事を書くことで自分の持つうたプリへのクソデカ感情が少しはおさまったかなと思います。CDが出てくれることで救われる精神がある。

いやキングダムの曲は確かにあったんですが、それに関しては様々な感情がぶっ飛んでてまともに文章にならなかった。UDUとエゴイスティックはすきだよ

ほんとはST☆RISHやカルナイにこの物量をぶつけたい気持ちもあるんですが気が付いたら自担の悪口ばっかりになってて今のところ墓に入れたまま掘り返せてません。

シクレパ見たらなんとかなるのかしら、それより人の形を保てるのかな?

 

 

 

なにはともあれ次のチケットがある喜びを噛みしめて。それでは